MR(麻疹風疹)ワクチンの制限

現在、いくつかの理由や事情でMRワクチンの供給が十分ではありません。
当院でも、注文しても入荷が未定である状況が続いており、予約の制限をせざるを得ない状態です。
そこで、MRワクチンの1期(1歳の時の接種)を優先して、2期の方や0歳の接種希望者、そして2歳以上での特例での接種希望者は待ってもらう方針としました。
また、1歳で接種を予定している方は、MRワクチンも予定に入れていただき、当院に在庫があれば接種をする、という方針としましたので、MR1期の予防接種が希望の方は、通常通りに予約をしてください。
また当院に通っていらっしゃる方を優先としますので、当院初診でMR1期のみの接種希望は受けません

MRワクチンの供給が足りていない理由は、MRワクチンを生産している3社のうちの1社が供給を停止していることと、最近の麻疹の患者さんの発生で抗体が少ないと考えられる成人での接種が増えたからだ、と推測されます。
MRワクチンの製造にはかなり時間がかかるので、十分な量のMRワクチンの入荷がしばらくは望めないことを確信して、上記のように制限します。
この責任は、新型コロナウィルス感染症の拡大で、麻疹の予防接種の接種率が低下して麻疹の患者さんが世界的にも増えていたにも関わらず、何も対策をしてこなかった部署にあるのは明らかです。

2024年4月15日