5種混合ワクチンの開始

2024年4月1日(月)から、新しい肺炎球菌ワクチン(15価;バクニュバンス)とともに5種混合ワクチンが使用可能となり、原則は5種混合ワクチンの使用となります。
「5種」とは4種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)とヒブ(インフルエンザ桿菌b型)を指します。
5種混合ワクチンのメリットは、4種混合ワクチンとアクトヒブの2本の注射が1本で済むことです。
今流通しているヒブワクチンは「アクトヒブ」というサノフィ―の製品です。
4種混合ワクチンである「テトラビック」にアクトヒブではないヒブを加えたものが「クイントバック」(KMバイオロジックス+メイジ)で、同じく別の4種混合ワクチンの「クアトロバック」にアクトヒブではないヒブを加えたものが「ゴービック」(田辺三菱)です。
4種混合ワクチンと「アクトヒブ」の組み合わせと5種混合ワクチンは互換性がない(=交互接種は不可)といわれていますので、4種混合ワクチンとアクトヒブで予防接種を始めた方は、原則は最後までその組み合わせで接種し終わりますし、5種混合ワクチンで始める方は、原則は最後まで同じ種類の5種混合ワクチンで接種をする決まりとなっています。
生後2か月から5種混合ワクチンを接種する方は、4週間以上空けて3回を接種して、それから6か月以上経って1歳以上になってから追加(4回目)を接種するのがよいと考えます。
したがって、これまでに4種混合ワクチンとアクトヒブを一回でも接種している方は、そのまま4種混合ワクチンとアクトヒブを接種し続ければよいことになります。
5種混合ワクチンの特徴の一つは生後7歳半まで適応があることで、これは4種混合の適応と同じです。
ただし小さいころに予防接種を受けておかないと、予防接種の意味合いがないので、上記のスケジュールが接種をするようお願いします。

2024年4月1日