新しい肺炎球菌ワクチンの開始

2024年4月1日(月)から、新しい肺炎球菌ワクチン(15価;バクニュバンス)が使用可能となります。
これまで使用してきたプレベナー13は13種類の血清型(1、3、4、5、6A、6B、7F、9V、14、18C、19A、19F、23F)を含みますが、バクニュバンスはそれらの血清型に22Fと33Fの2種類を加えた15種類の血清型を含むものです。
プレベナー13はファイザー、バクニュバンスはMSDという製薬会社の商品ですが、製法が全く同じですし、定期接種のスケジュールは全く同じです。またそれらは交互接種が可能(途中で別の種類のワクチンを接種してもよい)ですので、4月1日以降は基本としては15価肺炎ワクチン(バクニュバンス)に切り替えます。当面の間はプレベナー13も使えますので、13価肺炎球菌で始めたら最後までそれを接種したい」という考えの方はその旨申し出てください。
2つの肺炎球菌ワクチンの組成はほぼ同じなのですが、含まれている血清型の数以外にも違いがいくつかあります。
最も大きな違いは、プレベナーが5歳以下で適応(4歳以下が定期接種(=無料))ですが、バクニュバンスは成人にも適応がありますので、肺炎球菌の定期接種としては4歳以下が適応ですが、任意の接種(=自費で)として受ける場合には5歳以上の何歳でもよい点です。
あと注射液に含まれtる添加物が少し種類が違うのと、各血清型の含まれる量がバクニュバンスの方が9%ほど少なく、そのせいだと思われますが、産出される抗体量もバクニュバンスの方がやや少ないデータがあります。
ただ「やや少ない程度」ですので、肺炎球菌の22Fと33Fという血清型の感染を防げるという点が勝る、と考えますので、それで当院はバクニュバンスを勧めます。
ただプレベナー20(20価の肺炎球菌ワクチン)も最近承認されましたので、それが定期接種で使えるようになったら、次はそれを使うだろうとは考えています。ちなみにプレベナー20の血清型はバクニュバンスの血清型+8、10A、11A、12F、15Bの5種類の計20種類です。



2024年4月1日