インフルエンザ予防接種のお知らせ

 2021年度のインフルエンザ予防接種の実施要綱をまとめました。
 予約した方は、以下の内容を了解したとみなします。
 内容は毎年ほぼ同じです。

①料金;昨年と同じです。
 
 一回が0.25mlの接種の方は、1回が2900円とします。
 一回が0.5mlで2回接種の方は、1回が3400円とします。
 13歳以上は一回だけの0.5ml の接種で4000円とします。
 
 支払いは、VISAなどのクレジットカードやEdyなどの電子マネーなどで可能です。
 現金での支払いは、会計の混雑を避けるために極力釣銭がないように御協力ください。

②予約受付期間と実施期間
 
 インフルエンザの予防接種の受付は、10月1日(金)から年内いっぱいとします。
 インフルエンザの予防接種の実施は、10月25日(月)から1月末までですが、年内に接種を終了することをお勧めします。
 正月以降はワクチンの供給に不安がある(つまり、品切れになって商品が入手できない可能性がある)ことがその理由です。

③予約受付時間
 
 電話や直接来院しての窓口での予約は、診療日の午前10時から午後5時までとします。
 診療にいらした方が窓口での予約も受け付けます。その際は、午前8時半からでも可能ですし、受診された方以外の予防接種の予約も可能です。
 当日の窓口あるいはWEBでのインフルエンザの予防接種の予約は受け付けておりません。
 留守番電話でも予約は受け付けていません。

④予防接種の時間帯など

 10月25日(月)から年内いっぱいは、午前診療の遅い時間帯(午後0時半から午後1時まで)をインフルエンザの予防接種を優先する時間帯としますので、午前診療が午前8時半から午後0時半までと短くなります。
 正月明けからは通常の時間帯へ戻り、インフルエンザの予防接種優先の時間帯(午後0時半から午後1時まで)がなくなります。
 また1月になると接種希望者が減りますので、ワクチンの有効な利用の観点から、1月はインフルエンザの予防接種が可能な曜日を、金・土・月曜日に限定します。
 その他の時間帯(他の予防接種の時間帯;午後1時から午後3時まで)や一般診療の時間帯での予約も可能ですが、他の予防接種や一般診療の支障にならない程度の人数枠しか設けていません。
 また夕方の最終の予防接種の時間帯は午後4時半として、それ以降は予防接種は行いません。
 他の予防接種との同時接種も可能ですので 定期接種やおたふくなどの任意の予防接種がその時期にあたる方は、是非一緒に受けてください。
 新型コロナウィルス予防接種を受ける、または受けた方は、前後を2週間以上あけてください。

⑤その他
 
 2回の接種が必要な方は、なるべく2回分を一度に予約してください。
 予約された方の分を手配・確保するのが前提ですので、1回目を接種して2回目の予約をされない方の分の確保はしません。
 今年はワクチンの生産本数が、例年通りではありますが昨年度よりかなり減る見込みです。
 特に接種期間の後半はキャンセルや変更が多く、それだけで業務の支障・負担となりますから、日時の変更は最大で2回までとします。
 それを超えた変更は自動的に予防接種がキャンセルとなり、その後のインフルエンザ予防接種の受付はしません。
 毎年、その場で「兄弟も(親も)接種したい」と申し出る方がいますが、必ずあらかじめ予約をしてください。
 私たちは、前日から予防接種の準備をしますし、同時接種もありますから、数人の違った目で間違いがないかどうかを必ず厳密に点検します。
 急な変更・申し出は予防接種の「間違いのもと」で、キャンセルは「無駄な仕事」になります。
 例年、当日にキャンセルの連絡なくまた受診がない方がいますが、その方は予防接種を受ける意思がないとみなして、このシーズンのインフルエンザの予防接種の再度の受け付けをしません。

 円滑で間違いのない接種のため、御協力ください。
 よろしくお願いいたします。

 もう少し詳しくは、別稿の「インフルエンザ予防接種の説明」を参照ください。

2021年9月28日