日本脳炎の予防接種に関して

日本脳炎は、最初2回を4週間空けて接種(1期の1回目、2回目)してその1年後以降に3回目(1期追加)と9歳から12歳までの4回目(2期)の、合計4回接種が基本です。
1期は生後6か月から7歳半未満が対象年齢で、2期は9歳以上で12歳以下が対象です。
現在日本脳炎の予防接種は2種類の商品(具体的にはジェービックVとエンセバック)がありますが、「製造上の問題」とのことで一時ジェービックVの製造が中断(現在は製造が再開されたそうですが)されていたので、卸売りの会社の在庫終了でしばらくの間(見込みとしては半年間から1年弱)ジェービックVが入荷しなくなります。
当院ではジェービックVを使用していますので、ジェービックVがなくなった時点でエンセバックに切り替えるしかありません。
ジェービックVの製品自体には問題はありませんし、ジェービックVで接種を始めた方が途中からエンセバックに切り替えても予防接種の効果には問題ありません。
当面の間は日本脳炎の予防接種の供給量(ジェービックV+エンセバック)が減るので、これまでと同じような接種ができず制限をしないといけません。
そこで厚生労働省からの文書に準じて以下のようにすることにしました。
1期の2回を優先して、1期追加(3回目)と2期(4回目)の接種は待っていただく。
ただし、半年から1年弱待ってしまうと接種できる年齢の上限を超える方(例えば1期追加がまだの7歳4か月の方)は優先して接種する。
③以前に用いられていた日本脳炎の予防接種(現在用いられているものは別物です)の副作用で、日本脳炎の予防接種がしばらく中断されていた結果として、特例があり、
1?2007年(平成19年)4月2日から2009年(平成21年)10月1日までに生まれtて4回の接種が終了?していない方は、9歳から12歳の間で、残りの回数の接種が公費の負担でできますが、②のように、半年から1年弱待ってしまうと接種できる年齢の上限を超える方を優先します。
2?2007年4月1日以前に生まれて4回の接種が終了していない方は、19歳以下なら残りの分をすべて公費の負担で接種できますが、やはり②と同様に、半年から1年弱待ってしまうと接種できる年齢の上限を超える方を優先します。

日本脳炎の予防接種の注射液が手元になくなってしまうと、初回の2回も接種できなくなりますので、最悪それは避けたいと考え、上記の取り決めとします。
どうか事情を御理解くださいますよう、お願いいたします。




2021年1月18日