よくある質問


 よくある質問

下記リンクをクリックすると、各カテゴリのトップにショートカットできます。

≫ 受診の方法
≫ 病気について
≫ 薬について
≫ 予防接種・健診
≫ 診察について


受診の方法

初診の場合はどのようにしたらいいでしょうか?
携帯やパソコンからのWeb受付はできませんので、当院(098-894-3646)に電話してください。ただし電話での受付時間中に限ります。
話し中のことがありますので、申し訳ありませんがその場合はしばらくしてから再度お電話ください。

Web受付とは何ですか?
再診の方がWeb(携帯やパソコン)から診察日の当日の受付を時間順で予約するシステムです。翌日以降の受診予約はできません。
午前診は午前8時から午前11時半まで、午後診は午後2時15分から5時半までの受付です。診察の順番が近づいたら自動で携帯に連絡しますので来院ください。自分の順番まであと何人ぐらいかも確認できます。

診察時間が決まっているので受診する人数には上限があります。また診察状況(検査や点滴が多いなど)で受診人数をさらに制限して受付を停止することがありますのでお含みおきください。


時間指定の予約はできますか?
Webや電話での時間指定の予約はできません。
小児科は、正確に一人何分間と診察時間が決まっている訳ではなく診察の状況によりますので、時間指定は順番予約システムとは適合しません。

ただし、喘息等の慢性疾患や病気の経過をみるために数日後の再来が必要な場合には、診察室で私が次回の予約をしますので、帰り際に受付で確認してください。


電話で順番の予約はできますか?
電話でも順番の予約はできますが、Webでの予約を促すためにも電話での受付時間をWeb受付より15分遅く開始にしてあります。
電話を受けた時点で受付スタッフがパソコンで入力をします。なので、Webでの受付をお勧めします。


予防接種の予約はどうしたらいいですか?
電話(098-894-3646:診療日の午前8時半から午後5時半まで)で、あるいは受診した際に受付スタッフに、準備の都合上予定の前日までに申し込んでください。同時接種は種類に制限ありません。

予防接種も自動受付システムはいくつかありますが、単独接種と複数同時接種では一人当たりにかかる時間がちがいますので、今のところ充分に満足できる予約システムはないと考えて、電話と来院時の直接の申込の受付にしています。

直接来院してもいいですか?
直接来院でも結構ですが、緊急の状態でなければ予約した方が優先です。その間待合で待ってもらうことになりますので、是非前もって電話ください。

予約システムを導入したきっかけは、「朝早い時間帯に順番を取って一度家に帰って、また来院して待合で待つ」ということに私自身納得していないことと、「不要な院内感染を防ぐため」です。


親は受診できますか?
子どもの診察と一緒に済ませて、自分自身が別の病院に行く手間と時間が省けます。
風邪や中耳炎・副鼻腔炎・胃腸炎などの感染症や喘息・アレルギー性鼻炎などのアレルギーなどは診察と投薬はできますが、当院は小児科ですのでそれを超えた対応はできません。お手数ですが、その場合は内科等を受診してください。


内科・小児科は受診していいですか?
内科・小児科を標榜している医院の医師は内科医です。子供を「大人が小さくなっただけ」としか考えていない内科医もいます。内科の考えと小児科の考えは同じだとは限りません。

小児しか適応がない薬も多いですし、内科・小児科で成人の薬を子供に出している例も結構ありますので、内科・小児科には行かない方がいいでしょう。




病気について

鼻水があるのですが、小児科と耳鼻科のどちらがいいでしょうか?
私は小児科医ですから答えは自明ですが、やはり小児科がいいと思います。

耳鼻科は基本的には英語でのENT(Ear:耳、Nose:鼻、Throat:のど)しか診ません。鼻水があるときは咳を伴う場合がとても多いので、胸の聴診など全身の診察をした上での診断をする小児科がいいと考えます。

鼻水でも単なる風邪やアレルギー性鼻炎かは、アレルギー専門医が診た方がいいと思います。


ぶつぶつがあるのですが、小児科と皮膚科のどちらがいいでしょうか?
上段の質問と同じ理由で小児科がいいです。
皮膚科は皮膚しか診ません。たとえば溶連菌の感染症で発疹があるときは、全身の診察で初めて判ることです。


鼻水がありますが抗生剤はいりますか?
多少色がついてもさらさらした鼻水であれば、ウィルス感染かアレルギー性鼻炎ですから、抗生物質は不要です。
色が付いてドロドロした鼻水(副鼻腔炎)や中耳炎があれば、おそらく抗生物質を使った方が早く治ると思います。


中耳炎も治療できますか?
小児科で一般的な中耳炎の治療は可能です。

小児の中耳炎にはガイドラインがあります。ガイドラインは、誰がどこのクリニックに通っても同じ治療が受けられるように作られていますが、ガイドラインが必要な理由は、裏返せば「医療機関によっては違う治療であるのが現状である」ということです。
実際に多くの耳鼻科ではガイドラインに準拠した治療ではありません。いきなり鼓膜切開は論外です。

耳鼻科で鼓膜切開やチューブを入れるときに、穴が閉じないリスクをきちんと説明しているとは到底思えません。実際に鼓膜切開やチューブを入れた後の穴が閉じていない方がいますし、鼓膜の穴を閉じるには手術しかありません。だから安易な鼓膜切開やチュービングには賛成できないのです。
また中耳炎にはまず効果がない抗生剤(セフゾン、バナンやホスミシンなど)を平気で処方する耳鼻科が多いのも事実です。

当院ではガイドラインの薬物療法に準拠した投薬をします。当院には鼓膜切開ができる設備がありませんので、投薬で直すしかありません。でもほぼすべての中耳炎の患者さんは投薬のみで治ります。

つまり「鼓膜切開はほぼ必要ない」ということです。


高い熱だとけいれんしますか?
熱にともなうけいれんを熱性けいれんと言いますが、高熱だとけいれんしやすいというデータはありません。また熱が上がるときにけいれんしやすいというデータもありません。

悪寒(おかん)で震えるのをけいれんと間違うことがありますが、悪寒なら手でつかむと止まりますが、けいれんではつかむ力に抵抗して止まりません。


熱さましをつかわないとけいれんしますか?
熱さましを使っても使わなくても熱性けいれんの発生は変わらないというデータがあります。従って、熱さましではけいれん予防ができません。
ですから「熱さましを使わなかったからけいれんした」訳ではありません。


熱性けいれんは「くせ」になりますか?
はじめて熱性けいれんを起こした子どもが次に熱性けいれんを起こす可能性は、統計的には30~40%程度です。つまりはじめて熱性けいれんを起こした子どもは、次にけいれんを起こさない(熱性けいれんが一生で一回だけ)可能性の方が高いので、「くせになる」(つまり一度起こすと再発しやすい)は嘘です。

ちなみに熱性けいれんは、ある程度遺伝があります。複雑な遺伝ですが、おそらく遺伝だけでは決まらないと思っています。


高熱が続くと「頭がやられる」のですか?
一般的には、高熱で脳の細胞が壊れることはありません。
感染症などでは感染に対して自分の体から炎症を防御するために熱が出るので、自分の体を壊すような自滅的なことを生物はしません。

ただし熱中症(脱水で汗が出ず、体温を下げることができない状態)で体温が42℃を超える可能性がある状態や髄膜炎や脳炎等の脳の病気では、高熱のせいではなく病気のせいで脳に障害が起きる可能性が高いです。

脳は一度細胞に損傷を受けると再生しません。


発熱しているときに風呂に入ってはいけませんか?
発熱時に風呂が駄目だという根拠はまったくありません。沖縄で「湯ざめ」は考えられません。
風呂に入ったから病気が長引いたり肺炎になったりする訳ではありません。
熱があって数日間風呂に入らないのは不潔ですから、むしろ短時間でも毎日風呂に入る方がさっぱりしていい、と私は思っています。




薬について

私(母親)がくすりを飲んだら授乳しない方がいいですか?
特殊な薬(抗がん剤など)ではなく風邪薬や整腸剤・鎮痛解熱剤などの一般的な薬は、授乳中の母親が内服をしても哺乳をする赤ちゃんにその効果が出ることはありません。

薬を内服して吸収されて血液で運ばれてそれが炎症部位に達して効果を発揮する訳ですが、薬剤の濃度は、血液から母乳にその薬剤が移行するときに極端に減ります。その母乳の中の薬剤は、赤ちゃんが母乳を消化・吸収する際にまた極端に減って血液に取り込まれますので、授乳中の母親が薬を飲んでも哺乳した赤ちゃんに薬の効果が出ることはありません(赤ちゃん自身に影響がある程の薬の血中濃度が決してないということです)。

ただそうは言っても気になる方は、授乳直後に薬を飲むと次回の授乳の際に母乳に含まれる薬剤が最少になります。
アメリカの本(Drugs in Pregnancy and Lactation;妊娠・授乳中の薬剤)にそのように書いてあります。


上手に薬を飲ませる方法はありますか?
赤ちゃんや小さな子供が嫌がる理由は、味やにおい、舌触りだと思います。
まず多少ミルクなどを与えて薬が直接胃の粘膜に当たらないようにして、食前あるいは哺乳前に飲ませてください。
粉薬だけなら、市販されている内服補助用のゼリーや薬剤として処方できる味付け用の甘いシロップなどに溶かしてあげるのがいいと思います。
冷たいものに混ぜると味覚が麻痺しますので、冷たいものを利用するのも一つの手です。
甘い味が嫌いな場合は、最終的な方法として、錠剤をつぶして粉にする方法があります。


保育園では薬を飲ませてもらえないのですが、どうしたらいいでしょうか?
保育園では薬を飲ませないところが増えています。本来保育士さんの仕事ではありませんし、薬を飲ませて何かあったらその飲ませた人の責任になるし、また「あげ間違い」が結構多いからです。

そのため当院では投薬は、基本的には一日1回または2回の薬を選択するようにしています。どうしても一日3回の薬が必要な場合は昼の投与が可能かを必ず聴きますので安心してください。

保育園に通っていて保育園で投薬ができず、どうしても一日3回の薬が必要な場合は、「朝、帰宅後、歯磨き前」の「変則一日3回法」をお勧めします。


どうしても薬をのんでくれません。
薬によっては口から以外の経路での投薬方法があります。
よく使われるのは、喘息発作時のテープ(シール)です。喘息管理予防用や発作時に吸入する薬があります。鎮痛解熱剤の座薬は肛門からです。

ですが、口以外の経路での薬剤は限られていますので、薬の形態(粉、シロップ、錠剤など)や溶かすもの(ゼリーやシロップなど)、投与時間帯(食前または哺乳前、食事中あるいは哺乳中、食後)の工夫をしてみるようにしましょう。


熱さましは使うべきでしょうか?
熱さまし(解熱剤:げねつざい)は熱を下げるだけの対症療法で病気をなおす薬ではありません。

感染症で熱が出るのは、体に入ったウィルスや細菌は平熱で最も増えやすいので、それらの増殖を防ぐために自分自身が放つ炎症物質のせいで熱が出るのです。ですから体にとっては「ウィルスや細菌が増えにくくする」ことになります。

その炎症物質を抑えるのが解熱剤ですから、解熱剤の欠点は、「ウィルスや細菌が増えにくくなる」効果が減ることによって病気の治りが遅れることです。
実際にそのようなデータがあります。

利点としては、多少体温が下がることで、少し元気が出て楽になることです。
この欠点と利点をいつもてんびんにかけてどちらを取るかで解熱剤を使うかどうかが決まりますので、元気であれば解熱剤を使う理由がありません。
一般的には「38.5℃を超えてぐったりしていたら使う」ですが、最終的には保護者が欠点と利点をてんびんにかけて判断して決めればよいと思います。
解熱剤の目標は「4~6時間の間1℃から1.5℃下げる」であって、平熱にすることではありません。
例えば40℃のときに解熱剤を使って39℃になったら「まあまあ効いている」、38℃になったら「よく効いている」となります。

最後に、解熱剤の成分で薬剤性の肝炎になる可能性がありますので、解熱剤の使用は必要最小限にして、決して「38.5度を超えたから使う」ことがないようにしてください。
解熱剤は、座薬・粉薬(顆粒)・シロップ・錠剤の形態があります。




予防接種・健診

時間帯は決まっていますか?
診療日の午後1時から3時までの時間帯が、予防接種と健診の時間帯です。
その時間帯には一般診察の患者さんがいませんので、院内感染はまずありません。
一般診察の時間帯に予防接種・健診を済ませることは可能ですが、風邪などの感染症の患者さんと一緒に待合で待つことになりますので、院内感染のリスクはあると思います。


同時接種は可能でしょうか?
何本でも構いません。
例えば4種混合ワクチン(DPTP)は4種類(D;ジフテリア、P;百日咳、T;破傷風、P;ポリオ)のそれぞれがしっかりと免疫が付くのが判っているので、4種類混ぜて作ってあります。ひとつずつ別々に接種するよりもはるかに効率的です。ですから、例えば「3本までしか同時接種しない」考えと4種混合ワクチンを接種するのは矛盾しています。

外国では既に5種混合(4種+ヒブ)や6種混合(5種+B型肝炎)がある時代です。


予防接種のあとに風呂にはいっていいですか?
予防接種の後は生活は普段通りで何ら制限はありません。接種した跡に貼る出血を防ぐテープをはがして入浴してください。接種部位を洗っても構いません。

接種後にもむ必要はありますか?
もむ必要は全くありません。

接種後気をつけることはありますか?
特にありません。
接種した当日あるいは翌日に発熱するあることがありますが、半日間程度で平熱になりますので、経過だけを見てればよいと思います。もし2日間以上発熱が続けばそれは予防接種の副反応での発熱ではないので、その場合は受診が必要です。

接種部位での免疫反応の結果としての腫れや発熱ですから、免疫反応であるかぎり腫れや発熱を完全になくすことはできませんので、前回接種で腫れや発熱があっても予定通りの接種をしてください。


薬を飲んでいますが、予防接種はできますか?
風邪や中耳炎・腸炎などの感染症や、喘息やアレルギー性鼻炎での薬など、よく処方される一般的な薬を内服していても普段通りの生活ができていれば、当院ではまったく問題にしていませんので予定通りに接種をしてください。

それらの薬剤が予防接種の成分に対して影響する訳がないですし、その逆もそうです。
多少の鼻水などで予防接種を遅らせると、その間にその病気にかかってしまうリスクがあり、予防接種を後回しにする利点は全くありません。




診察について

親が付いてこないといけないでしょうか?
原則的には大きな子どもさんであっても、保護者(親でなくてもよい)は同伴するべきです。それは、監視している保護者の判断や洞察が、患者さん本人よりは優れているはずだからです。
診察する人間(私)はまず基本情報を頭に入れてから考えられる疾患をいくつか想起して、診察するなかで診断をしていくので、最初の基本情報は重要です。

小さな子供で、親が仕事でどうしても来院できずに普段面倒をみていない近親者が連れてくる場合には、簡単なメモでいいですから、いついつどうした、という子供さんの状態が判るものを診察時に提示してください。


検査や点滴はできますか?
基本的な血液検査や各種迅速検査(インフルエンザ、アデノウィルス、溶連菌、RSウィルス<ただし0歳児のみ保険適応>、マイコプラズマ抗原、肺炎球菌)は、検査終了後10~20分間で結果がでます。

また嘔吐が続くときなど水分接種が充分にできないときの水分補給の点滴や、発熱が続いて血液検査があまりよくないけれども入院するほどでもないときの抗生剤の点滴は可能です。
ただクリニックですし大きな病院の救急外来ではありませんので、夕方の遅い時間帯からの点滴はしません。

点滴が必要そうな状態であれば早い時間帯に来てください。
また大人や小中学生とは違って、小さな子供や赤ちゃんの点滴は想像以上に難しいので点滴の作業には少し時間がかかります。


レントゲンは撮れますか?
レントゲンの装置は置いていませんので、撮れません。
また心電図やエコーの機械も置いていません。


どのように診察するのですか?
診る順番は大体決めています。
胸、背中(場合によっては背中、胸)の聴診、必要があれば腹部の聴診と触診、頸部の触診、耳鏡での耳の診察、最後に口腔内とのどを見る、の順です。

小さな子供の固定はできれば保護者自身がよいのですが、慣れていない場合には看護師が補助として固定します。しっかりと固定しないと耳や口内がしっかりと見えないためです。耳鼻科でのトラウマになるような数人がかりの固定ではありません。